インコタームズと外為法について・ティーメックス株式会社
T-mexタイトル
新着情報
キャンペーン
展示会・イベント情報
商品ピックアップ
バックナンバー
51音別
伝導・軸受
シール・化成品
バルブ・管材
流体機器
制御・エネルギー
・産業機械
物流・搬送・荷役機器
工具・その他
アスベスト情報
 
・ガスケット
・バルブ用パッキン
・回転機器用パッキン
システム例
電気関係取扱商品
環境省エネ提案
省エネ機器紹介
洗  浄
輸出業務
輸入業務
 
・特注加工品例(1)
・特注加工品例(2)
・汎用品例
インコタームズと
外為法について
会社案内
ご挨拶
会社概要
沿革
企業理念・企業目標
環境方針
事務所一覧
主な納入先
学生の皆さんへ
採用情報
営業社員のある1日
先輩社員から
人材育成
福利厚生
サイトマップ
お問合わせ
プライバシーポリシー
 

 Top >> 貿易業務 >> インコタームズと外為法について
   インコタームズと
 外為法について
輸出業務 輸入業務 特注加工品例(1)
特注加工品例(2) 汎用品例 インコタームズと外為法について
 
インコタームズと外為法について
 
貿易条件
インコタームズ
 
貿易に際し海外企業との取引条件は、国際商業会議所(International Chamber of Commerce)が取り決めた貿易条件に関する国際的な統一条件であるインコタームズが一般的に使用されています。
インコタームズの貿易条件は分類されており、輸出側と輸入側との協議によって貿易条件を決定しています。
インコタームズは、
1.引き渡し場所と貨物に対するリスクを売り手と買い手のどちらが負うのか、
2.関税・運送契約・保険契約などをどちらが手配するのか、そして、
3.諸経費をどちらが負担するのかについて分類されています。
条件 略号 内容 詳細
輸出国渡し EXW 工場渡し メーカーを出荷した時点で運賃、リスクは売り主から買い主に移転する。
FCA 輸送人渡し いずれも特定の貨物を特定の場所に持ち込んで引き渡すことによってリスクは売り主から買い主に移転する。
FAS 船側渡し
FOB 本船積み込渡し
CFR 運賃込み いずれも、売り主は輸入国までの運賃を負担するが、積み地において引き渡すことにより、リスクは売り主から買い主に移転する。
また、CIFとCIPの場合は、売り主が保険料を負担する。
CIF 運賃・保険込み
CPT 運送費込み
CIP 運送費・保険込み
輸入国渡し DAF 国境渡し いずれも、輸入国の特定の場所において、売り主から買い主に引き渡すもので、引き渡し地までの運賃・保険料は売り主が負担する。
そして、輸入国の特定場所で買い主に引き渡すことによりリスクは売り主から買い主に移転する。
DES 着船渡し
DEQ 埠頭渡し
DDU 仕向地関税抜き渡し
DDP 仕向地関税込み渡し
●当社の主な貿易条件
基本的にはFOB条件となります。
その他条件についても対応可能な場合もありますので、ご相談ください。
FOB 輸出者:輸出許可および輸出通関手続き
輸入者:運賃支払い、保険契約、輸入許可、輸入通関手続き
貿易条件図
 リスク負担(保険契約)
輸出者
輸入者
 費用負担
輸出者
輸入者

CIF 輸出者:輸出許可および輸出通関手続き、運賃支払い、保険契約
輸入者:輸入許可、輸入通関手続き
貿易条件図
 リスク負担(保険契約)
輸出者
輸入者
 費用負担
輸出者
輸入者

DDU 輸出者:輸出許可および輸出通関手続き、運賃支払い、保険契約、輸入許可
輸入者:輸入通関手続き
貿易条件図
 リスク負担(保険契約)
輸出者
輸入者
 費用負担
輸出者 -
輸入者 - - - - -

DDP 輸出者:輸出許可および輸出通関手続き、運賃支払い、保険契約、輸入許可、輸入通関手続き
輸入者:
貿易条件図
 リスク負担(保険契約)
輸出者
輸入者
 費用負担
輸出者
輸入者 - - - - - -
 
貿易法規
外国為替法
 
輸出貿易(物品)については、外為法によって規定があり、経済産業大臣の「輸出許可」や「輸出承認」が必要な場合があり、輸出者は輸出許可が必要であるか法令に照らし合わせて申請する必要があります。
経済産業大臣の許可や承認が必要であるのにも関わらず、許可・承認を得ていない場合は税関による輸出許可を受けられません。
国際的な平和の維持を脅かす貨物について世界各国が輸出をひかえ、紛争などに利用することが無いよう協議して輸出の管理を行っており(ワッセナーアレンジメント)、それに基づいて日本でも輸出管理令で規制が規定されています。
経済産業大臣の輸出許可が必要な輸出貨物は、「輸出貿易管理令別表一」に掲げられている貨物が対象となっています。
「輸出貿易管理令別表一」は大きく分けると「1項〜15項」にて規制されている「リスト規制」と呼ばれているものと、「16項」で規制されている「キャッチオール規制」と呼ばれている物とに分けられています。
「輸出貿易管理令別表一の1〜15項」(リスト規制)に掲げれている貨物は経済産業大臣の「輸出許可」が必要です。
「輸出貿易管理令別表一の16項」(キャッチオール規制)では、食料品、木材などを除く、全ての貨物および技術を対象としています。「リスト規制」で規制されていないこれらの貨物であっても、大量破壊兵器などの開発に使用される恐れがないことが明らかなときと、「ホワイト国」として認定されている国(26カ国)への輸出は許可申請を得る必要は有りません。
また、経済産業省が輸出者に対して「許可申請が必要である」という通知をする場合があり、インフォームを受けた輸出を行おうとする場合には「輸出許可」を得る必要があります。
「輸出承認」が必要な貨物についても輸出貿易管理令別表二によって規制されているものも有ります。
  ●参照
経済産業省ホームページ (http://www.meti.go.jp/)
安全保障貿易管理ホームページ (http://www.meti.go.jp/policy/anpo/index.html)
 

新着情報 | 主な取り扱いメーカー一覧 | サービス情報 | システムエンジニアリング | 環境・省エネ | 貿易業務
会社案内 | リクルート | お問合せ | Topに戻る
トップページへ戻る サイトマップ メールフォーム